ナチュラルカラコンのおすすめ通販
ナチュラル カラコン > お役立ちコラム > 不自然に見えないナチュラル系カラコンのDIAと着色直径

不自然に見えないナチュラル系カラコンのDIAと着色直径

Pocket

カラコンを選ぶ際に必要なのはカラー選びだけではありません。
それと同じく大切になるのがDIAと着色直径。
そんな、DIAと着色直径についてご紹介させて頂きます。

カラコンのDIAとは?また、どのサイズを選べばいいのか?

カラコンのDIAとは、レンズの直径を表しています。
例えば、DIA12.5㎜と書かれている場合、そのカラコンの直径は12.5㎜ということになります。
そして、このDIAサイズが大きければ大きいほど、瞳を覆う面積が大きくなりDIAが大きくなればなるほど、瞳が酸素不足になってしまいます。
そのため、あまり大きなサイズのものは目に対する影響も大きくなってしまいます。
カラコン初心者の場合は、少し小さめサイズを選び試してみることで、目に対する負担を軽減しカラコンを使用することが可能になります。

カラコンの着色直径とは?また、どのサイズを選べばいいのか?

カラコンの色素直径とは色が付いているレンズ部分の直径を表します。
そのため、レンズ自体の直径を表すDIAとは少し異なります。
そして、この着色直径が大きければ大きいほど、瞳の黒目が大きく見えます。
そのため、あまり大きなサイズの着色直径ものを選んでしまうと不自然に見えてしまう可能性が大きくなります。
日本人の黒目の平均サイズは、直径11㎜から12㎜程度。
これを元に着色直径を確認し購入します。
少し大きいだけでも大きくイメージが異なるため、小刻みに選ぶことで不自然に見えずにカラコンを楽しむことが可能になります。
迷った際は、12.5㎜程度のものから選ぶと不自然に見えずカラコンを使用することが可能です。

まとめ

以上のことから不自然に見えないナチュラル系カラコンのDIAと着色直径の違い、サイズがわかったかと思います。
ただし、カラコンの場合、実際に装着しなければわからないことは多く、そのため、初めは色々と試すことから始めることをおすすめします。
そうすることで、自分に合ったサイズのカラコンを見つけることが可能となります。