ナチュラルカラコンのおすすめ通販
ナチュラル カラコン > お役立ちコラム > ナチュラル系カラコンを選ぶ際は、フチなし?フチあり?のどちらが自然に見える?

ナチュラル系カラコンを選ぶ際は、フチなし?フチあり?のどちらが自然に見える?

Pocket

ナチュラル系カラコンを選ぶ際、カラー選びの次に迷ってしまうのがフチなしにするか?
フチありにするか?となります。
その際、どちらが自然に見えるのか、両方の特徴を踏まえご説明させていただきます。

フチなしの特徴

カラコンのフチなしの場合、着色が外側まであり内側との着色の境目に外側を囲む線はありません。
そのため、白目と黒目の境目がくっきりすることなく自然と瞳に馴染みやすくなります。
瞳の輪郭が強調されないため仕上がりが自然で、より裸眼に近い印象でカラコンを使用することが可能となります。
とはいっても、カラコンはカラコン。裸眼にはない素敵な瞳にすることは十分可能となります。
ただし、カラコンに慣れてくると少し物足りなさを感じることもあり、そう言った際にはフチありに挑戦してみると良いかと思います。

フチありの特徴

カラコンのフチありとは、レンズの外側に線が囲むように入っているものを指します。
ブラックや濃いブラウンで囲まれていることが多く、内側の着色とカラーが異なる場合があります。
異なるカラーでフチを囲むことで、より瞳を印象付ける効果を期待することができるのです。
線の太さによっても瞳の強調度が異なり、線が太くなればなるほど輪郭が強調され、より瞳をくっきり、パッチリさせることが可能となります。
フチありの場合、裸眼とはかけ離れて見えることが多く、一目でカラコンをしているという印象となります。
そのため、ナチュラル系カラコンには、少し不向きになりますが、内側と同じ色で囲まれているフチありの場合は、やや、ナチュラル系カラコンに近い感覚で使用することも可能です。

ナチュラル系カラコンにはフチなしがおすすめ!

以上のことから、ナチュラル系カラコンを選ぶ際は、フチなしを選ぶことをおすすめします。
フチなしを選ぶことで、自然と瞳に馴染ませることができ違和感なくカラコンを楽しむことが可能になります。
また、フチなしの場合、職場にも適したカラコンと言え、使用する場所を選ばず楽しむことができる点も魅力となっています。